2013年05月29日

ゴッホ展

ゴッホ展行ってきました。
日本初公開となる絵もたくさんあって話題のゴッホ展が宮城にもやってきたんですよ。
世界的な画家、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ。
生で見れるってそうあるもんじゃないですから!!!

今回の展示では「ゴッホには知られざる空白の2年間があった」というのが大きな枠組み。
その間いったい何があって、何がゴッホを形作ったのか、そういうことがわかるようになってます。
年代が古い順から展示されており、最後には有名な自画像など晩年のゴッホの絵が展示されています。

一通り見るとわかるのですが、ゴッホの絵はめまぐるしく色調も形式も変わっているのです。
本来のゴッホの作風は暗い絵を薄く重ね、素朴な風景を好んで描くものでした。
しかし、弟のテオに売れないから明るくするように言われて、矯正していったのです。
年月を重ねることでゴッホは明るい絵になり、厚塗りもするようになりました。
また年月を重ねると今度は薄塗りに挑戦したり、風景画を描くようになったりと、どんどん変容していくのです。
最終的には、暗い作風と明るい作風、薄塗りと厚塗り、とがそれぞれ使い分けられ融合していき晩年の作風となったのです。

と、素人にもわかりやすく説明してあり、目に見える変化はゴッホの苦悩と努力を追体験しているかのようで、興味深く面白いものでした。

有名な作品を生で見ると印象は違っていました。
油絵独特の厚塗りが写真では表せないような雰囲気をだし、躍動感にあふれているのです。
繊細なタッチが近くで見るとはっきりとわかり、写真などではわからない情報がたくさん脳内に入ってくるのです。


特に私にとって印象的だったのが、

「ヤマウズラの飛び立つ麦畑」

何がそんなに印象的だったかって説明したくてウズウズですよ笑

この作品はゴッホの死後に発見されて研究チームが絵の背景などを研究した結果、
最初はヒバリが麦畑の上を飛んでいる作品であると解釈されました。
しかし、ヒバリはこんなに小さくなく、ほかの鳥ではないか?と議論がされ始めたのです。
そして、鳥の飛び方や飛んでいる高さからヒバリではなく、ヤマウズラであるという見解でまとまったのです。
ヒバリが飛んでいる絵であれば都会的な風景で景観を大事にした格調高い絵という解釈ができるらしいのですが、
ヤマウズラが飛んでいるとなると田舎の素朴な風景を切り取ったという解釈になるそうです。

この感じがたまらなかったのですよ!
飛んでいる鳥の種類によって絵の意味が全然変わってくるんですね!
田舎と都会、正反対の意味ですよ!
解釈がまるで違ってくるこの感じにゾクゾクしてしまいました。

絵画ってイイですね。

作者が意図していたものと違うとらえ方をされたものってまだまだたくさんあると思うんですよね。
違ったとらえ方でも筋があっていたりするとなかなか修正されない、見つけられないもので、難しいところもあると思います。
ただ、作者が死んでなお作者の意図が汲み取れた時にはやはり違った感情に浸れると思うんですよね!
私たちはそれをただ後で見て楽しむ、追体験した気になるだけですけど...

私にとって貴重な体験になった、そんな展示会でした。

hajimenko at 23:30|PermalinkComments(59)TrackBack(0)思い出 

2013年04月17日

期待の新人

今日、入部届提出日でした。
今年の一年は6人。全員経験者です。
実はもっと入ると算段してたんですけどねー、期待してた人たち結構入ってくれなくて笑
県の優秀選手とかもいたのに、文化部入るとか言って行ってしまったし。。。
ただ、そいつらいなくても6人ともみんなセンスはありますね!
センスの塊なんですよ彼ら。
磨けばどんなに光るんだろうか!!!
ってすごい期待してるんですよねぇ。
受験明けで運動能力落ちてるといえど輝るモノもってますもん!
そしてみんな大きいのです笑
バスケ部の部活が終わり、帰宅する際一年生にあいさつしてたら、友達から、「あれ、先輩??」って聞かれる始末。
みんなデカくて1年に見えないのwwwww

そもそもこの件もちょっとおかしいのですよ。

今日入部届だすのに、なんで一年と帰宅する時間が一緒なんだ!ってねww
仮入部期間なのに先生の1年への熱が強くて、仮入部期間にやるようなメニューじゃなかったんですわwwwww
そりゃ、文武両道できませんって入部やめる奴だっているよなぁ。
まぁ、それでも弱音吐かなかったタフな彼らには部員も顧問も相当期待してる。
即戦力になるんだもん、磨けば光るんだもん。
まだ1年に負ける気はしないけど夏合宿とか乗り越えたら逆転しちゃってるかもなぁ^^;

後輩の手本になるよう私自身も頑張っていきたいですね。




hajimenko at 23:53|PermalinkComments(45)TrackBack(0)学校 

2013年04月13日

大台

春と言えば!

身体測定ですよね!!!(無理やり

毎年この時期になると成長を願いソワソワするものですwwww
そして、身体測定を終え、今年の身長がわかりました!

175.2!!!!

去年は171cmでした。
ついに175cmの大台突入ですよ!!!!
バスケやるには決して大きくないですけど人並みにはなりました!!!
ほんとこれが嬉しくてうれしくて!!!
174cmと175cmじゃ印象全然違うじゃないですか!!!!
もう興奮がおさまらなくて!!!

でもね、クラスの中じゃ真ん中よりちょっと大きいくらい。
今年のクラスでっかい奴が多すぎる!!!
一番デカいのはバスケ部の部員ですけど、みんなほとんど変わらない。。。
マジでかい。
悲しいです。
もっとでかくなりたい。

でも、世間的に175cmはデカいほうかな!!
日本人にしては!!

とにかく!!!

歓喜したんです私は!!
来年はもっと大きくなりたい、センターやりたい!

hajimenko at 00:09|PermalinkComments(52)TrackBack(0)ぼやき 

2013年03月21日

風立ちぬ

つい先日、今頃かというぐらいに大晦日あたりに放送された「ハウルの動く城」を見て、面白いなぁと見入っていました。
2004年の作品ということもありぼんやりとしか覚えておらず今見てみるとまた違った感じで見ることができるんですよね。

ハウルって2004年だっけ!?

そう思われた方も少なくないのではないでしょうか。
私もWikiで登場人物の背景を見ながら鑑賞していたので気づいただけで2004年と書かれていたのにはビックリしましたね。
現在から振り返ってみれば2004年でもつじつまがあうのでしょうが、パッと思い出す際にはなかなか2004年とは出てこないものです。
それはジブリに限らずアニメやらドラマとかって自分の感性にハマればなかなか記憶から出て行かないからではないでしょうか?()
あの時見た感動を今なお覚えている。それは記憶に深く刻まれるのでしょう

と分かった風な口を聞く語り口から始まる今日の記事。
前置きが長くなりました。
ただジブリ作品との最近の接点なるものを綴りたかっただけです。
うまくまとめられなくてごめんなさいね笑

タイトルは「風立ちぬ」なのに、ハウルの話してて、こいつタイトル間違ってるんじゃないか?って思いますよね。
今から入りますよ!
ってこのくだりも長いな、おい。。。


風立ちぬ

2013年の夏公開予定のジブリの最新映画です。

戦時中の話ですね、ゼロ戦の設計者、堀越次郎の半生を堀辰夫の戦時中の創作小説と掛け合わせたミックス的な内容になってる半分本当、半分フィクションのお話。

創作であるのは恋の部分だったりとストーリーの構成上大きく変わってしまってるのかもしれませんが、面白そうです。
そこは師、宮崎駿に賭けましょうぞ。
もう遺族には了承してもらっているようですので公開はほぼ確定でしょうね。

今回の風立ちぬではジブリ作品に久しぶりの参加する歴代のヒット作に貢献した人もかかわっており、また面白いヒット作品になりそうですね。

基本的にジブリの戦争ものは面白いですからねぇ。
戦!戦!してないところがまたいいです個人的に。




そしてこの風立ちぬに合わせたかのように、堀越次郎の遺品から歴史的なすごいものがたくさん出てるんですね。
ニュースにもなり、まるで、風立ちぬのプロモーションかと思うほどのタイミング。
いままでは全体の構想程度だったのに急に細部までわかるようになるなんて相当すごいことですぜ。
これが記事↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130321-00000040-mai-soci



公式サイトはまだ広告の一枚絵だけですけど、

「いざ 生きめやも」

の一文が現代の広告の長ったらしい言い回しじゃなくて好きですね。


夏が楽しみ。そして情報がドンドン明らかになるのが楽しみで仕方ないですね。

また一つ今年の楽しみが増えました。



hajimenko at 23:30|PermalinkComments(66)作品 

2013年03月20日

プラチナデータ

東野圭吾作品、プラチナデータを映画館で見てきました。

ざっとあらすじ(公式から

「プラチナデータ」から犯人を特定する最先端のDNA捜査が可能になり、検挙率100%、冤罪率0%の社会が訪れようとしていた。神楽龍平(二宮和也)は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する、天才科学者。いくつもの難事件を解決してきた彼は、DNA捜査の重要関係者が殺される連続殺人事件を担当することに。しかし、わずかな証拠からDNA捜査システムが導き出した犯人は、なんと、神楽自身だった―。まったく身に覚えがない神楽は逃亡を決意、“追う者”だった神楽は自ら作り出したシステムによって“追われる者”に。
神楽を負うのは警視庁捜査一課の辣腕刑事・浅間玲司(豊川悦司)。現場叩き上げとしてのプライドを持つ百戦錬磨の浅間は、逃げる神楽を徹底的に追い詰める。そして、容疑者・神楽がもう一つの人格“リュウ”を持つことを知る―!
神楽は白か黒か?信じられるのは科学か、自分自身か?それは人類の希望か、絶望か。

全てのカギを握るのは、[プラチナデータ]。





というお話。
プラチナデータ、まぁわかりやすく映画になってましたね。
近未来の話ということでDNAでわかるっていうワクワクする時代にさらに多重人格とか面白い設定がいくつも入ってるんですよねぇ。
事件の被害者である少女もサヴァン症候群だったりと設定はかなり面白い。
わかりやすいため、犯人もなんとなくわかってしまうけれど、それでも十分に面白い。
最終的には真のプラチナデータとは何か。とか国家にまで発展したりとか現在の日本の風刺がきいていたりと、疑問点は残らないすっきりとした終盤。
そして最後には意味深で終わるのもまたアリなんです。
最後まで飽きがこない映画でした。

トヨエツはカッコイイですね。
やっぱり進化したテクノロジーという形で出てくるものは全部魅力的。
プラチナデータの説明シーンとかわくわくが止まりませんでしたね!

ぜひ見てほしい作品の一つ!
3月16日公開ですのでまだまだ先まで上映することでしょう。
ロングラン作品になりそうですが・・・。


hajimenko at 23:56|PermalinkComments(45)TrackBack(0)作品